太らないためには食べ方に気をつけること

太らないためには、食事の摂り方に気をつけなければいけません。
いきなり白米やパンを食べるのは最もやってはいけないことです。
血糖値を急上昇させるので、太りやすくなってしまいます。
最初に食べるべきは食物繊維が豊富な野菜か汁物です。
これらを先に食べることで、白米やパンに含まれる糖分の吸収をおだやかにしてくれます。
血糖値の上昇もゆるやかになるので、肥満のリスクが抑えられるわけです。
野菜や汁物を摂取したら、次はタンパク質を含むものを食べましょう。
タンパク質は2種類ありますが、動物性タンパク質は身体に良くないと言われています。
大腸がんのリスクを高めると言う説もありますが、一切摂らないのもいけません。
植物性タンパク質と動物性タンパク質をバランスよく摂ることが求められます。
汁物はみそ汁のイメージが強いですが、毎日では飽きてしまいます。
汁物のレシピはたくさん知っておくと便利です。
シンプルなものから挑戦しましょう。