主食と主菜と副菜が理想的な日本型の食事

食事はバランスよくと言われるものの、食事の献立をどう立てればよいか、よくわからないということもあります。
主食と主菜と副菜が理想的な日本型の食事であり、季節の食材をシンプルな調理でいただくようにすると、四季の栄養を十分に摂取しやすいです。
日本食は炭水化物のご飯を主食として、主菜には大豆製品や魚介類をとりいれ、副菜にはキノコや豆腐に海藻類、根菜などを加えるようにします。
ご飯は太るというのは、食べすぎればカロリーオーバーになるということであり、適量であれば低脂肪食につながる方法です。
力もみなぎるエネルギー源になる炭水化物を主食として、様々な食材をプラスすることで、食生活はバラエティーになります。
日本の伝統的な和食を中心にして、卵や肉類といった動物性たんぱく質を加えたり、乳製品などからのカルシウムを融和させる献立は理想的です。
副菜では食事で不足をしやすい微量栄養素を補うことを意識して、主菜と副菜の比率は1対2で摂取をします。